Amazonプライム会員おすすめ

一級建築士の学科試験対策の勉強場所【会社・公民館・資格学校・ファミレス】

一級建築士の勉強をどこでしているのか教えてほしい。
この記事の内容
  • 平日の朝は会社で勉強
  • 仕事終わりは公民館で勉強
  • 休日は資格学校で勉強
  • 気分転換にファミレスで勉強

曜日と時間によって、勉強する場所を変えています。

絶対にそのとおりの場所で勉強しているかといったらそうではない日もあり、気分や時間の都合で決めることもあります。

また、それぞれの勉強場所には一長一短があるので、どこで勉強するのが一番向いているのかは人によって違うはずです。

この記事では、筆者が実際に一級建築士の勉強をしている場所と、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

あなたに最適な勉強場所を見つけるヒントになれば幸いです。

※この記事は3分ほどで読めます。3分後には、一級建築士の学科試験の勉強をする場所を決められます。

平日の朝は会社で勉強

自転車通勤をしているので、駅近にある喫茶店やカフェにふらっと入るようなことはありません。

出勤時間よりも早めに着くように、会社に直行しています。

会社で勉強するメリット

朝は静かなので勉強に集中できる

会社に誰も出勤していない時間であれば、とにかく社内は静かです。

9時より前であれば、まず電話がかかってくることはありません。

このような環境の会社に勤めている方は多いのではないでしょうか?

会社で勉強するデメリット

定時後は残業をしている人から声をかけられる

会社で勉強をするのを、基本的に始業前の朝だけにしている理由です。

仕事が終わってから帰るまで少しだけ勉強をしようと思っても、残業をしている人から仕事の話をされる可能性があります。

その度に勉強を中断していては効率が悪いので、声をかけられない対策が取れないのであれば、終業後は違う場所で勉強したほうがいいでしょう。

仕事終わりは公民館で勉強

私は自宅では勉強にあまり集中できません。

それなので、仕事終わりにまっすぐ家に帰らずに、会社と自宅のあいだにある公民館の自習室に立ち寄るようにしています。

公民館で勉強するメリット

無料で利用できる

ある程度大きな駅であれば、駅近にコワーキングスペースや有料の勉強スペースがあったりしますが、日常的に利用すると結構お金がかかります。

しかし、公民館のような公営の施設は無料で利用できる自習室を備えていることがあるので、利用しない手はありません。

公民館で勉強するデメリット

席数が限られている

公民館の大きさにもよりますが、50も100も席数があるような施設は少ないと思います。

無料で利用できるということもあり、期末試験を控えた中高生や、受験勉強をしている学生などが多いので、時期によっては利用できないことがあるかもしれません。

休日は資格学校で勉強

学科試験対策は独学でチャレンジすることを勧めている私ですが、実のところ日建学院に通っています。
(もともと製図の試験対策のために資格学校に通う予定だったところ、製図講義だけの受講料と同額で「学科」と「製図」の講義を受けられるキャンペーンをしていたので入校しました。)

資格学校で勉強するメリット

勉強以外することのない環境

当たり前のことですが、資格学校に遊びにくる人はいません。

まわりにいる人たちは一級建築士を目指しているライバルなので刺激になります。

資格学校で勉強するデメリット

学校に行くまでがめんどくさい

休日に出かける準備をして、学校まで行くのは結構めんどくさいです。(実際に「めんどくさいなぁ」と思って、講義をサボったことが何回かあります。)

一駅だけしか電車に乗らないような距離感でも、めんどくさがりにとっては「外出すること=ちょっとした心理的ハードル」になります。

気分転換にファミレスで勉強

講義がなくて資格学校に通う必要のない休日や、公民館の自習室が利用できなかった平日の夜は、ファミレスで勉強することがあります。

たまに、喫茶店やカフェに行くこともあります。

ファミレスで勉強するメリット

ほどよい気分転換になる

いつもと違う環境で勉強すると、やけに集中できることがあります。

朝は家で、お昼から夕方までは資格学校で、その帰り道にファミレスで、というように一日をいくつかのブロックに分けて、それぞれ違う場所で勉強することもあります。

移動時間もあるのに、そっちのほうがトータルの勉強時間が長いことがあるから不思議です。

ファミレスで勉強するデメリット

まわりの雑音が気になる

静かな環境じゃないと集中できない、かえって少しうるさいくらいのほうが勉強できる

これは人それぞれですが、まわりの音が気になりだすと集中力を奪われてしまいます。

BGMや話し声などの適度な雑音は集中力アップに効果的であるという研究結果もあるようですが、静かな環境がベストである人にとってはデメリットになるでしょう。

おわりに

この記事のポイント
  • 会社は静かで集中できる朝に利用して、定時後には場所を変えたほうがよい
  • 公民館の自習室は無料で利用できるけど、席数が限られていて利用できないこともある
  • 資格学校は必然的に集中できる環境だけど、行くまでがめんどくさい
  • ファミレス(喫茶店・カフェ)はほどよい気分転換になるけど、まわりの雑音が気になると集中力を奪われる

会社、公民館、資格学校、ファミレス(喫茶店・カフェ)の4つの場所は、それぞれメリット・デメリットがあります。

勉強をどれだけ習慣化できているか、自分の性格やその日の気分がどうなのかによって、どこで勉強するのがベストなのかは変わります。

この記事であげたような場所以外にも、勉強できる空間があるかもしれません。

あなたにとって最適な勉強場所がどういうところなのかを理解して、勉強に集中できる環境をつくるように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください