2022年の抱負

2021年は、変化の年でした。

1月に住まいが新しくなり、妻との共同生活がスタート。ひとり暮らしとは異なるリズムの日常に、すこしずつ慣れていきました。その後は、11月の結婚式当日を含めて、初めての体験がいろいろありました。

仕事では、8月に転職してから一年が経ち、すこし働き方が変わりました。営業の業務からひとりで担当するようになり、新しく身につけなければならない知識・スキルが浮き彫りに。自身に足りていない、伸びしろでもある部分を発見したので、2022年も仕事面での成長を感じられるようにしたいです。

大晦日を迎えたときに、充実した一年だったと振り返られるよう、今年の抱負をまとめておきます。

毎週1回以上は料理をする

2021年は、ほとんど毎日、妻に夕食を作ってもらっていました。休みの日には私が作ることもありましたが、毎回という訳ではありませんでした。

お互いの仕事の都合で、このような形になっていますが、もうちょっと機会があってもよかったなと思います。毎日献立を考えたり、食材を管理しながら買い物をしたりするのって、やっぱり大変なんですよね。

実際に台所仕事をすることでみえてくることもあると思うので、住宅のつくり手だけでなく住まい手としての感性も磨いていきたいです。

毎月4冊の本を読む

読書アプリを確認してみると、2021年は30冊の本を読んでいたようです。ただ、読了していない本もあり、肌感でも読書量が少なかったような気がしています。

たくさんの本を読めばよいという訳でもありませんが、2022年はインプット量を増やします。毎月4冊(平均で週1冊)のペースで本を読んで、すこしでも多くの知識を身につけたいと考えています。そして、本から得た知識をできる限り実践にうつしていきます。

年間で6件の契約を取る

個人的には、契約を「取る」という表現は苦手なのですが、あえてその言葉を使っています。

今の自分では、担当業務を無理なく回せるペースが2〜3ヶ月に1件だと思うので、厳しいほうで2ヶ月に1件として年間で6件の契約を目標にします。

仕事関係のインプットも記録していきたいので、月ごとに具体的な目標も立てていくつもりです。

番外編:体重を60kgに戻す

昨年の1月に妻との生活が始まり、きちんと毎日おいしい食事をとるようになりました。ありがたいことですが、その結果、体重が3〜5kgほど増えてしまい、お腹まわりも大きくなってしまいました。

2月になると30歳になり年代も変わるのですが、年を重ねると痩せるのがむずかしくなるとよく聞くので、今のうちに適正体重に近いところまで戻しておきたいと思います。

まずは、体重の記録を取ることから始めます。