Amazonプライム会員おすすめ

【令和元年(平成31年)】二級建築士「設計製図の試験」の課題が発表されました!

「設計製図の試験」の課題

DOLLY

今年の二級建築士「設計製図の試験」の課題が発表されました!
この記事の内容
  • 今年の課題は「木造2階建て」
  • 課題が発表されても「学科の試験」を受けるまでは気にしないこと
  • 「設計製図の試験」だけであれば、参考書籍を買っておくべき

3年周期で「木造→木造→鉄筋コンクリート造」のサイクルになっているので、今年はやはり木造の課題でした。

学科の試験を受け終えるまでは、製図試験の課題について深く考えないでください。
どんな課題なのか知っておくだけで十分です。

最後に、製図試験の課題の参考となるおすすめ書籍を紹介します。

※この記事は3分ほどで読めます。3分後には、今年の二級建築士の製図試験の課題について分かっています。

 

今年の課題は「木造2階建て」

木造の建物

今年の二級建築士「設計製図の試験」の課題が発表されました。


課題名

夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅
〔木造2階建て〕

要求図面

  • 1階平面図 兼 配置図[縮尺1/100]
  • 2階平面図[縮尺1/100]
  • 2階床伏図 兼 1階小屋伏図[縮尺1/100]
  • 立面図[縮尺1/100]
  • 断面図[縮尺1/100]
  • 部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
  • 面積表
  • 計画の要点等
(注)答案用紙には、1目盛が4.55ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。


前回・前々回の木造のとき(平成29・28年)と違うのは、要求図面の「仕上表」が無くなっている点です。

詳細図は仕上まで書くのが一般的なので、部分詳細図(断面)に仕上げを書き込むのを忘れないようにしましょう。

 

「建築設計事務所を併設した住宅」という課題は、いわゆる「店舗併用住宅」タイプのものです。

簡単なポイントをまとめると次のようになります。

  • 1階に建築設計事務所、2階に住宅(キッチン以外の水まわりは1階の可能性も)
  • 道路からアクセスしやすいところに建築設計事務所を配置する
  • 建築設計事務所への来訪者と居住者の動線をわける
  • 居住者用の動線から、建築設計事務所のバックヤード部分に入れるようにする
  • 執務コーナー、応接コーナー、バックヤード(一部、住宅の部分)をつながりよく配置する

店舗併用住宅では、適切なゾーニングと動線計画が計画のポイントになるので、これらの条件を頭に入れておくだけで、エスキスの50%はできています。
あとは、各室の床面積や特記事項をうまくまとめるだけでプランが完成します。

建築設計事務所という設定から、何か特別なデザインをしなければならないと考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
これまでに、レストランや喫茶店、英会話教室など、様々な用途の店舗併用住宅の課題が出されていますが、要求事項に大きな変化はありません。
あくまでも、設計条件を満たした必要十分な図面を作図することが求められます。

木造の課題は要求図面が多い(=作図量が多い)ので、より速い作図スピード、正確かつ綺麗な作図表現が製図試験合格のポイントになります。
まずは、エスキスよりも作図に慣れるようにしてください。

課題が発表されても「学科の試験」を受けるまでは気にしないこと

「学科の試験」の勉強

学科の試験を受ける方は、製図の課題が発表されても気にしないでください。
そもそも学科を通過できなければ、製図の試験は受けることができません。

STEP.1
学科の勉強
計画・法規・構造・施工の4科目を勉強します 
STEP.2
学科に合格
「設計製図の試験」の受験が認められます
STEP.3
製図の勉強
ここで初めて製図対策に取り組みます
STEP.4
製図に合格
おめでとうございます!
STEP.5
晴れて二級建築士に
申請をすると、二級建築士の免許がもらえます

この流れを変えることはできません。
正確に言うと、学科の合格者が発表される前に自己採点の結果を見て、製図の勉強を始めることになりますが、どちらにしても学科の試験を受けてからの話です。

 

課題が発表されたら気になる気持ちは分かります。
インターネットやSNSで製図の情報が飛びかうので、イヤでも目に入ると思います。

しかし、対策問題集が発売されるのは6月末頃です。勉強しようにも、情報は「課題名」と「要求図面」だけしかありません。
学科の試験を受ける方はまずそちらの勉強に専念しましょう。試験まで1ヶ月を切っているので、最後の追い込みが必要です。


(追記)
今年の二級建築士試験設計製図課題の対策書籍が発売されました。

総合資格学院【5課題】

日建学院【4課題】

建築士設計製図研究会【10課題】


学科試験と合わせて総合資格学院もしくは日建学院にするか、2倍以上の課題数でコスパのよい建築士設計製図研究会にするかは、お好みでお選びください。

「設計製図の試験」だけであれば、参考書籍を買っておくべき

「設計製図の試験」の参考書籍

昨年もしくは一昨年に学科の試験に合格している方は、すぐにでも参考書籍を買っておくべきです。
他の受験者と比べて1日でも早く対策を始められるのは有利ですよね。

今年の課題を考えると、筆者は『建築設計テキスト 併用住宅』をおすすめします。

前回の木造課題で、店舗併用住宅だったとき(平成27年)の対策問題集が手に入れば理想的ですが、この時期になるとAmazonなどで出品されているものは価格が高騰します。
どうしても今年に合格しなければいけない方は、それでも購入する価値はあると思います。

職場の先輩が持っていないか尋ねてみたり、大型書店に在庫がないか確認してみるのもありだと思います。本探しに夢中になるのは本末転倒なので、対策問題集が見つからなかったら『建築設計テキスト 併用住宅』を購入しましょう。


この記事のポイント
  • 要求図面が多い(=作図量が多い)ので、まずはエスキスよりも作図に慣れる
  • 学科の試験が終わるまでは、製図の課題のことを気にしない
  • 学科が免除されていれば、参考書籍を買っておくべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください