amazon prime おすすめ

361°の砂漠について

DOLLY

アクセスありがとうございます。このブログと私についての情報をまとめています。
  • ブログ開設日:2017年9月16日
  • 運営者:DOLLY(どりー)

はじめに

361°の砂漠は「フツーの建築士が日常を記録する」をコンセプトに、自由気ままに更新している個人ブログです。

ブログの名前は、SUPER BEAVERの楽曲「361°」と、伊坂幸太郎さんの小説「砂漠」から頂戴したワードの組み合わせ。「あたり一面に広がる砂漠でも、見渡せば希望があるはず」という想いを込めて名付けました。なんともポエティックで、由来を説明するのは恥ずかしい気持ちもあるのですが、今では愛着が湧いて気に入っています。

建築家の講演を聴きにいったりビジネス書を読みあさったりしてインプットばかりしていた頃に、アウトプットの場を求めて、はてなブログにて2017年に「361°の砂漠」を開設。その後すぐに現在のドメインを取得して、WordPressへ移転。2年半ほど経ったころに情報サイトの作り方を学んだことをきっかけに、サイト構造をリニューアル。ブログ運営の楽しみ方を模索しながら、現在に至ります。

2017年
第1期 ブログ運営チュートリアル
・はてなブログにて361°の砂漠を開設
・361-sabaku.comのドメインを取得
・WordPressへ移転
2020年
第2期 一部情報サイト化
・情報サイトの作り方を学ぶ
・サイト構造をリニューアル
現在
・楽しみながらブログ運営を継続中

コンテンツについて

361°の砂漠では、現役建築士である運営者のDOLLY(どりー)が、建築にまつわる情報をはじめ、仕事や読書、暮らし全般のことを書いています。コンテンツは、次の4つのジャンルにわかれています。

  • 建築
  • キャリア
  • ベストセラー
  • 暮らし

建築

建築の情報サイト。建築家・建築作品・建築書籍のジャンルごとに情報をまとめています。運営者が訪れた建築作品や読んだ建築書籍などは、建築記録として残しています。

カテゴリー
建築家・建築作品・建築書籍・建築記録

キャリア

建築業界での働き方や転職ノウハウを紹介。いつか向き合わないといけない資格の話や、仕事で評価されるためのスキルアップの情報も書いています。

カテゴリー
働き方・転職・資格・スキルアップ

ベストセラー

ベストセラー本の情報サイト。ビジネス・自己啓発・お金のジャンルで売れている本の情報をまとめています。運営者が読んだベストセラー本は、読書記録を残しています。

カテゴリー
ビジネス・自己啓発・お金・読書記録

暮らし

建築士の愛用品や暮らしが豊かになるライフハックを紹介。運営者コラムとして、自由気ままに文章を書いたりもしています。

カテゴリー
愛用品・ライフハック・グルメ・運営者コラム

361°の砂漠の使い方

トップページ(https://361-sabaku.com/)を、ホーム画面またはブックマークに追加しておくと便利です。各カテゴリーにアクセスしやすくなり、お探しの情報にすばやくたどり着くことができます。

免責事項や個人情報の取り扱いなどについては、サイトポリシー・プライバシーポリシーのページをご覧ください。

運営者について

プロフィール画像
DOLLY(どりー)
  • 性別:男性
  • 年齢:1992年生まれ
  • 所在:兵庫県在住
  • 職業:建築士(設計事務所)
  • 趣味:喫茶めぐり・読書
  • Twitter:@DOLLY_kenchiku
  • Instagram:dolly_kenchiku
保有資格
二級建築士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、宅地建物取引士、福祉住環境コーディネーター 2 級、FP 2 級

今までの人生・これからの人生


1992
誕生
兵庫県の片隅で産まれる

2000〜2010
スポーツ期
小学2年生から高校3年生までバレーボールに打ち込む

2010
進路選択ミス
建築の勉強がしたいのに機械工学科に進学する

2012
大きな決断
建築の道にすすむことを決める

2013
人生最大の挫折
建築家になることを諦める

2015
夢の業界へ
設計事務所に就職します

2017
ブログ開設
アウトプットの場を求めてブログを始める

2018
現在
日々、苦悩しながら生きています。それでも人生は楽しい!

2019〜
これから
一級建築士取得&設計事務所設立

やりたいことリスト・やらないことリスト



やらないことリスト

作成中



最後に

361°の砂漠を見たことがきっかけで、一人でも多くの方の暮らしが豊かになることを夢見て、当ブログを運営しています。「役に立った」「面白かった」と思ってもらえれば幸いです。

当ブログに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。