インテリアコーディネーターに独学で合格

読書好き建築士がおすすめする建築の本まとめ【初級・中級・上級】

DOLLY

読書好き建築士とは私のことです。

これまで読んできた建築の本から、おすすめの1冊を紹介します。

それでは、早速おすすめの建築本を見ていきましょう。

初級編

建築に興味を持ちはじめた方に手にとってほしい本を紹介しています。

イラストや図解があって分かりやすいもの、文章が多いけど読みやすいものという、「やさしい建築の本」がテーマです。

次のような建築の本が中心となっています。

  • 建築を学ぶための入門書
  • 建築家の思想にふれることができる読み物系
  • ビジュアルで楽しめる作品集

 

 

あなたは20世紀建築の三大巨匠を知っていますか?

  • ル・コルビュジエ
  • ミース・ファン・デル・ローエ
  • フランク・ロイド・ライト

この3人の建築哲学は、20世紀建築に大きな影響を及ぼしています。

 

写真がたくさん使われていてサクサク読めるので、近代建築の入門書として最適です。

20世紀のアートや建築、グラフィックデザインなどを語る上で外せない「バウハウス」についても学ぶことができます。


 

建築のみならず、家具、プロダクト、インテリア、都市という様々な領域で新たなデザインを生み出した、7人の建築家が取り上げられています。

  • フランク・ロイド・ライト
  • ミース・ファン・デル・ローエ
  • ル・コルビュジエ
  • ヘリット・トーマス・リートフェルト
  • アルヴァ・アールト
  • ジャン・プルーヴェ
  • アルネ・ヤコブセン

彼らの仕事から、建築デザインの基礎を学ぶことが本書のテーマです。

 

カラーイラストが多く文章が少ないのでサクッと読めるのに、建築デザイン(=建築計画)の大枠をとらえることができる良書です。

建築学部に入学したばかりの大学生、または建築学部に進学したい高校生におすすめします。


 

本書では、次のような人物像をターゲットにしています。

  • いま、住宅設計を学んでいる学生
  • 最近、住宅の設計実務を始めたばかりの人
  • これから、自宅を建てようと考えている方

実際に読んでみて、これらの人物像に当てはまる人なら、たしかに役に立つだろうという印象でした。

画期的なことが書かれている訳ではなく、住まいの基本についてやさしく解説されています。

序文に書かれている、「一つのゴールを示すのではなく、たくさんのスタート地点を並べたガイドブック」という表現がぴったりの住まいづくりの手引書です。


 

私が無意識のうちに目指していたのは、人々が目を瞠り、誰もが話題にせずにはいられない「特別なもの」ではなく、気張りもしないし、気取りもしない。背伸びもしないし、萎縮もしない。無理もしないし、無駄もしない。それでいてまっすぐに背筋の通った「普通のもの」でした。

中村好文(まえがきより)

 

中村好文さんは、私が尊敬している建築家です。

まえがきに書かれているこの文章を読んで、心に響くものがあった方にはぜひ読んでもらいたいです。

中村さんが設計した住宅・別荘だけでなく、施主の方とのストーリーも垣間見えて、読んでいてほっこりします。

中級編

 

タンポポ・ハウスや高過庵で有名な藤森照信さんが、「建築とは何か」という根源的な問いへの考えを示しています。

15名の建築家の方たちからの質問状のコーナーでは、藤森さんの建築史家としての側面を知ることができます。

 

建築の基礎をひととおり学んだ方(建築学生なら2年目の方)に読んでほしい1冊です。


 

切っても切れない「建築家」と「メディア」の関係性について書かれています。

著者は、アーキテクチャーフォトを運営している後藤連平さん。

  • 自分らしい「建築家」とは?どうやってその「建築家」をデザインすればいいか?
  • これからの建築設計事務所に必要なメディアスキルとは?

本書で語られるこの2つのテーマに対する考察は、ウェブサイトだけではなく、多岐にわたる情報発信の場を戦略的に使うために役立ちます。

独立して建築設計でメシを食べていきたい方にとっては必読の1冊です。

建築家のためのウェブ発信講義|建築をナリワイにする方の必読書

上級編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください