Amazonプライム会員おすすめ

建築家のためのウェブ発信講義をケンポン【応募者がこの本を欲しい理由】

DOLLY

2019年1月のケンポン企画について書きました。

今回は『建築家のためのウェブ発信講義』をケンポンします。

この記事の内容
  • 1月のケンポン書籍は『建築家のためのウェブ発信講義』
  • ツイッターでの募集案内と応募方法
  • 応募者がこの本を欲しい理由

2019年は毎月ケンポン企画をします。

建築関係のことをブログやツイッターで発信している私が、その第1弾にピッタリだと思った建築の本は『建築家のためのウェブ発信講義』です。

 

「ケンポンって何のこと?」という方は、まずはケンポンについての記事をご覧ください。

ケンポンで建築の学びをサポートする【後進のために建築の本をプレゼント】

 

※この記事は2分ほどで読めます。ご応募お待ちしております。

1月のケンポン書籍は『建築家のためのウェブ発信講義』

情報発信時代に建築で食べていくための第一歩として、この本以上におすすめできるものはありません。

建築メディア『アーキテクチャーフォト』を運営する、著者の後藤連平さんが、建築をテーマとしたウェブ発信の中から得た知識や情報との向き合い方を、余すことなく紹介しています。

 

『建築家のためのウェブ発信講義』については、書評記事もありますので、詳しく知りたい方は読んでください。

建築家のためのウェブ発信講義|建築をナリワイにする方の必読書

ツイッターでの募集案内と応募方法

今回のケンポン企画については、ツイッターで募集案内しています。

https://twitter.com/DOLLY_kenchiku/status/1086468871354122240

応募方法

  1. アカウント(@DOLLY_kenchiku)をフォロー
  2. 上記のツイートをリツイート(引用RTは対象外)
  3. アンケートに回答

アンケート

  • 性別(男性・女性)
  • 年齢(14歳以下・15〜19歳・20代・30代・40代・50代・60歳以上)
  • 職業(建築設計・建設・不動産・その他・建築学生・その他学生)
  • 職場(アトリエ・組織設計・ゼネコン・工務店・その他)
  • なぜこの本が欲しいのか(自由に回答)

回答例

  • 男性
  • 20代
  • 建築設計
  • アトリエ
  • 仕事につなげるサイト運営の手法を学びたい。あわせてSNSの活用法も知りたい。

 

アンケートの回答内容はこの記事で公開させていただきますので、あらかじめご了承ください。(公開するのは回答内容だけで、アカウント名は伏せます。)

応募者がこの本を欲しい理由

この企画に応募してくださる方がなぜ『建築家のためのウェブ発信講義』が欲しいのかが気になったので、アンケートへの回答を応募条件に入れさせていただきました。

応募者してくださった方のアンケート内容は、以下のようなものでした。

いまや建築関係者のSNSでの情報発信は重要なPR、持論の提示の場である。
そんな中でWEB建築メディアを作り上げた後藤さんの書籍なので参考にしたい。

20代男性 建築学生

情報×建築のノウハウを先駆者から学びたいからです。建築物は「モノ」ですが、実際に可視できる建築物は限られており、圧倒的にweb等で仕入れた「情報」での判断に委ねられていると思います。どのような情報戦略が人を引き寄せるのか、この本でヒントを探したいです。

20代女性 不動産

来年度から建築学科に進学するため
建築に関する情報を得てセンスを磨くため
よろしくお願いします

15~19歳男性 その他学生

私は、建築家の認知度について疑問を覚えています。
というのも建築にあまり興味ない方に話を聞いてみると、ほとんどの方が知ってる建築家は安藤さん、伊東さん、隈さんと極僅かでした。建築という人々に影響を与えるツールとしては非常に大きな存在であるのに何故なのかと思っています。
私の考えでは、大衆に向けての建物の絶対数が少ないにも関わらず建築家の数が非常に多いことが1つの要因だと考えており、そこで、重要なのは如何にして多くの人々に他建築家と異なる魅力的な自身のブランドを広めるかだと思っています。本書を読んでその広め方のキッカケを掴めればと思い今回応募させていただきました。

20代男性 建築学生

大学講義の先生が共著されていて、おすすめされたので
よろしくおねがいします。

20代男性 その他・建築学生

著者が大学の同じ研究室を卒業された方で以前より大変興味のある本でした。建築に関わるこれからの新しい働き方を示す一つのきっかけとなる本かと思っております。
よろしくお願いします。

20代男性 建築行政

おわりに

今回の企画では、3名の方に『建築家のためのウェブ発信講義』をケンポンしました。

この本はなるべく多くの建築関係者に読んでいただきたい1冊です。

この記事を読んで本書が気になった方は、ぜひご自身で購入して読んでみてください。

 

今すぐ注文する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください