一級建築士の独学合格サポートサイト

インテリアコーディネーター資格を総まとめ【試験から仕事まで】

インテリア空間

建築業界でよく聞く「インテリアコーディネーター」とはどんな資格なのでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターという資格について、試験から仕事まで総ざらいで解説していきます。

この記事の目次
  1. インテリアコーディネーターとは?
  2. 資格試験について【スケジュール・試験の構成・勉強方法】
  3. 仕事について【業務の流れ・求められること・主な就職先】
  4. よくある質問Q&A

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、インテリアコーディネーターの基本について理解できているはずです。

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、住空間の内装全般に関するスペシャリストです。英語の頭文字を取って「IC」と呼ばれることもあります。

公益社団法人 インテリア産業協会では、次のように定義しています。

インテリアコーディネーターは、住まい手にとって快適な住空間を作るために適切な提言・助言を行う当協会が資格認定する専門職です。

インテリア(内装、家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識を持ち、住宅・インテリアメーカー、工務店、販売店やフリーな立場で、インテリア計画や商品選択のアドバイスなどを行います。

出典:公益社団法人 インテリア産業協会 ホームページ

 

インテリア産業協会は同名の資格を認定しており、有資格者やIC団体の紹介も行っています。

この資格の社会的認知度は高いので、インテリアコーディネーターの職業と資格は切っても切り離せない関係になっています。

資格試験について【スケジュール・試験の構成・勉強方法】

インテリアコーディネーターの資格試験

資格試験については<<<インテリアコーディネーターの試験制度を知ろう【出題内容まで解説】>>>という記事でまとめています。

それなので、こちらでは「スケジュール」「試験の構成」「勉強方法」の 3 点に絞って書いておきます。

 

スケジュール

インテリアコーディネーターの試験は、7月上旬に受験申込書の配布を開始されてから12月の二次試験までおよそ半年に及びます。年に1回だけしか試験は行われないので、希望者は忘れずに受験申込をしてください。

7月上旬

受験申込書の配布開始

※受験申込方法等の詳細は(公社)インテリア産業協会のホームページで公開予定

2018/7/17日(火)~8/23(木)

受験申込期間 ※一次試験・二次試験とも

※例年9月下旬に「一次試験受験票」が送付されます

2018/10/7(日)

一次試験

※例年11月上旬に「一次試験合否通知」が、11月下旬に「二次試験受験票」(一次試験合格者のみ)が送付されます

2018/12/2(日)

二次試験

※例年2月中旬に「二次試験合否通知」が送付されます

2月下旬~3月末
登録申請期間

 

試験の構成

試験の構成は、一次(学科)と二次(プレゼン・論文)の2段階になっています。学歴や実務経験などの受験資格は一切問われないので、学生や異業種の社会人でも受験できます。

一次試験
二次試験
試験日
10月上旬の日曜日
12月上旬の日曜日
受験資格
特になし
過去3年以内に一次試験に合格
試験科目
学科(マークシートによる択一式)
プレゼンテーション・論文(記述式)
試験時間
2時間40分
3時間
受験手数料
一次試験+二次試験 14,400円
一次試験〈先取り〉 11,300円
二次試験〈一次免除〉 11,300円
受験地
北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県
石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県

注)試験についての最新の情報は、公益社団法人 インテリア産業協会のホームページをご覧ください。

 

勉強方法

インテリアコーディネーターの試験勉強には「3つの選択肢」があります。

  1. 完全独学(教科書や市販の教材のみ)
  2. 通信講座(ハウジングエージェンシー・ユーキャンなど)
  3. 資格学校(HIPS・ヒューマンアカデミーなど)

それぞれのメリット・デメリットについては、こちらの記事にまとめています。

 

仕事について【業務の流れ・求められるころ・主な就職先】

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事について、「業務の流れ」「求められること」「主な就職先」の3点をまとめました。

資格取得や転職を考えられている方の参考になれば幸いです。インテリアコーディネーターの職域は広範囲におよぶので、いろんな立場の人から話を聞くことをおすすめします。ちなみに筆者は建築士というポジションから、インテリアコーディネーターに関する情報を発信しています。

業務の流れ

(準備中)

 

求められること

(準備中)

 

主な就職先

内装やリフォームの営業、インテリアの提案もする設計事務所のスタッフ、家具や雑貨の販売員まで、ありとあらゆる職業でインテリアコーディネーターは活躍しています。

(準備中)

よくある質問Q&A

インテリアコーディネーターに関するよくある質問

インテリアコーディネーターに関するよくある質問を「Q&A形式」でまとめています。

こちらに書かれていることの他に知りたいことがあれば、コメントをいただければお答えさえていただきます。


インテリアプランナーとは何が違うのですか?

インテリアコーディネーターは、既にある空間(主に住空間)の内装全般について提言・助言をします。インテリアプランナーは、間取りのプランニングから家具の設計までインテリア空間をトータルに実現するために企画・設計・工事監理を行います。2つの資格について表にまとめました。

インテリアコーディネーター
インテリアプランナー
認定団体
(公社)インテリア産業協会
(公財)建築技術教育普及センター
受験資格
特になし(二次試験はあり)
特になし(設計製図試験はあり)
試験の構成
一次試験(学科)
二次試験(プレゼン・論文)
学科試験
設計製図試験
試験時間
一次試験 2時間40分
二次試験 3時間
学科試験 2時間30分
設計製図試験 6時間
受験手数料
一次+二次 14,400円
一次のみ・二次のみ 11,300円
学科試験 9,720円
設計製図試験 16,200円
受験地
北海道・岩手県・宮城県・群馬県
東京都・愛知県・石川県・大阪府
広島県・香川県・福岡県・沖縄県
札幌市・仙台市・東京都
名古屋市・京都府・大阪府
広島市・福岡市・沖縄県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください